プラスサイズ・モデル

MORAX Coloumn

第1章 ダイエット

要介護者にならない為

・運動

・食事

・睡眠

​以上の事が必要な理由はコラムをお読みください。

サルコペニア

デ年齢を重ねるにつれ、筋肉量の減量や筋力は低下・骨密度や脳重量の低下と比例する事が多く、それに伴い歩行スピードや握力の低下がついてくる。それらと寿命の短命は密接な関係にある。


例えば、筋量が著しく減少するとADL(日常生活動作)の低下に伴う転倒などによって怪我や死亡事故が発生し、以後の不調が続き短命になる。
 

以上のような一連の連鎖症状をサルコペニアと言い、欧米では筋量や歩行スピードを指標にしたサルコペニアの診断もある。

フレイム

サルコペニアと関連してくる病態としてフレイム(虚弱)というのがある。
これは、身体機能や神経伝達などの劣化に伴う虚弱によって日常性に障害が出始めた結果、要老人介護、転倒、入院、によって要医療介護を虐げられる要因となるものである。

まとめ

つまりどういう事かというと、サルコペニアは年齢を重ねるにつれ、筋量・筋力・骨密度・脳重量の低下に伴い、ADLが低下する症状。


怪我や死亡事故につながり、短命になるという事が統計で分かっている。


欧米ではその診断を握力や歩行スピードなどを指標に診断しており、それらの低下がサルコペニアとつながる。