​腰痛

ここの記事では 『 椎間板ヘルニアの改善 』 についてお話をしていきます。

参考にして頂き、ご自分の体と向き合って頂ければ幸いです。

 椎間板ヘルニアの改善

 ​- 椎間板ヘルニア - 

背骨は椎間板を挟んで33個の骨で成り立っている。
骨が直接当たると骨が削れるし、痛いし、動きが悪くなるので

椎間板というクッションを挟んでおり、
負担が大きいと破れたり飛び出たりします。

 

また、背骨の後ろ側にはたくさんの神経が通っており、
背骨が曲がった状態だと
神経圧迫や摩擦が起きて腰痛の原因になります

 改善策は? 

腰骨を固定する

 

腰骨の周りには筋肉がいくつかあります。

多裂筋、腰方形筋、横隔膜、骨盤底筋、腹斜筋
これらを鍛えれて腹圧を高めて腰椎を固定すると

改善するケースは非常に多いです

例えば、コルセットそれらの筋肉の役目を担いますので

腰が楽になる代わりに筋肉を使わなくなるので

筋力が低下し、コルセットが必要な身体になります。

そうなる前にトレーニングする事をオススメします。

細かい話をするときりないのでトレーナーに聞いてください。
僕の経験上、椎間板ヘルニアだからといって何もしないと

状況悪化するケースは非常に多いです。

また腰のトレーニングは怪我の多いので、
まずは最初にプロに教わる事を強くお勧めします。

池袋から7分 大塚から徒歩2分 東京で一番安く、最高のパーソナルトレーニングジムを目指して

店名:MORAX

住所:東京都豊島区北大塚2-17-4

   大塚キャリアビル4F

電話:03-5980-8384

mail:info@morax.jp